ビジネス文書の時候の挨拶や基本を解説!

この記事は2分で読めます

d2cd26ed3fde559d311fc2294d45fdd2_s

ビジネスシーンではいろんな文書を書くことがあります。

その中でも特に儀礼的な部分が強くでる文書のことを社交文書とよびます。

社交文書では自分の考えを書いていかず、ある程度型にそって作成していくのがポイントです。

社交文書は通常の営業内容の報告とは違い、相手に礼儀的なところがしっかり伝わるように書くのが大切です。

ですから格式を守った難しい言葉や敬語での表現が必要になります。

ビジネスマナーに関する記事を総まとめにしました ↓↓

ビジネスのマナー事典!マナーで悩んでる人には必見の総まとめ。

Sponsord Link

社交文書は縦書きで

社交文書は礼儀や格式を重んじますので、縦書きで記入します。

また原稿用紙やコピー紙なども失礼にあたりますので、使ってはいけません。

 

社交文書で使える時候の挨拶の例分

報告書と違い礼儀作法をいれる必要があります。

ですから文章の初めに時候の挨拶をいれます。

時候の挨拶はある程度「月」ごとに言い方が決まっていますので、定型文に沿って作成しましょう。

 

時候の挨拶例文

・1月・・・初春の光さやけく・松の内の賑わいも過ぎ・寒気ことのほか厳しく

・2月・・・寒気は冴えかえり・余寒なお去りがたき折から・立春とは名のみの寒さ

・3月・・・春草萌えいづる季節を迎え・春寒次第に緩み・春の彼岸の頃

・4月・・・うららかな好季節を迎え・春光うららかな季節を迎え・春たけなわ

・5月・・・晩春の一時・緑照り映える時節・若葉の緑が目にしみる季節

・6月・・・雲の晴れ間の青空も懐かしく・初夏の風に肌も汗ばむ頃・暑さ日増しに厳しく

・7月・・・暑気厳しき折柄・暑熱耐えがたきこの頃・涼風肌に心地よく

・8月・・・朝夕涼味を覚える頃・土用明けの暑さ一段と厳しき折から・秋風の訪れる窓

・9月・・・残暑去り難く・秋色次第に濃く・爽やかな季節を迎え

・10月・・秋涼爽快の候・菊花薫る時節・清涼の秋気身にしみて

・11月・・冷気日ごとに加わり・鮮やかな紅葉の候・落ち葉散りしく時節

・12月・・寒気厳しき折から・寒気いよいよ厳しく・北風すさぶ季節

Sponsord Link

社交文書の基本構成を理解する

・頭語・・・社交文書の場合は、もし相手が親しい人の場合でも「前略」は使用しません。「拝啓」となります。

・全文・・・時候の挨拶のあとに、ご機嫌を伺うことが改まった印象を与えます。

・主文・・・「さて」「つきましては」と一拍おいて本題に入ります。

・文末・・・「まずは~していきましょう!」と本文の終わりを示します。

・宛名・・・縦書きの場合、名前は最後に記します。

・年月日・・必ず作成した日付を記しましょう。

・結語・・・「敬具」で締めくくります。

 

ビジネス文書の時候の挨拶例文や基本 まとめ

・社交文書は縦書きで書く

礼儀や格式を重んじる文書なので縦書きにします。

また紙は原稿用紙やコピー用紙ではいけません。

・社交文書では礼儀作法が大事なので、必ず時候の挨拶をいれる

・基本構成を理解することで作成しやすくなる

ビジネスマナーに関する記事を総まとめにしました ↓↓

ビジネスのマナー事典!マナーで悩んでる人には必見の総まとめ。

Sponsord Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 19353bae5639a1f0cdc6ba5870b4dbea_s
  2. 9869260ce6920c13c2fc78ef2adee9d0_s
  3. 2920905d0249df44e23de95187cb6986_s
  4. 58b74b3310d74da2410cececa55f4951_s
  5. fc0827f351a1f069a316268a7650fc19_s
  6. 747bdd807e9e252ee44b0fae62fb2929_s
RETURN TOP

カテゴリー