意外と知らないビジネスマナー。エレベーターに乗る順番や上座などの席次について

この記事は3分で読めます

2920905d0249df44e23de95187cb6986_s

毎日何気なく使っているエレベーターや、階段。

例えば、先輩たちと同じエレベーターに乗るとき。

「こういう時ってどうするべきなのかな?」とか思ったことはありませんか?

よくあるシーンだけど、どうすればいいかわからないことって、結構あると思います。

今回はそういったシーンの解説をしていきます。

ビジネスマナーに関する記事を総まとめにしました ↓↓

ビジネスのマナー事典!マナーで悩んでる人には必見の総まとめ。

Sponsord Link

エレベーターに乗る順番

誰も乗っていない状況と、既に誰かが乗っている状況ではマナーが少し違います。

誰も乗っていないときは「自分が最初」

誰も乗っていない時は自分が最初に乗ります。

なぜならお客様を誘導・案内する役割もあるからです。

最初に乗りこみ、扉が閉まらないように「開」ボタンを押し続けましょう。

先輩やお客様には後から乗ってもらいます。

 

既に誰かが乗っているときは「自分が最後」

既に誰かが乗っていた場合は、最後に乗ります。

扉が閉まらないように、エレベーターホール側のボタンを押し続けましょう。

先輩やお客様が乗ってから最後に自分が乗ります。

もし自分が乗るスペースが無ければ、次のエレベーターに乗りましょう。

 

最初に乗るときは「お先にしつれいします」

誰も乗っていない場合は「自分が最初」とご説明しました。

最初に乗るときには「失礼します」・「お先に失礼します」と声をかけましょう。

乗ったらボタンの前に立つことです。

そうすることで、先輩やお客様に「あ、この人がエスコートしてくれるんだ」というのが伝わります。

 

エレベーターから降りる順番

乗るとき同様に、マナーがあります。

意識しなくてもやっている人も多いと思います。

念のため知識をつけておきましょう。

 

降りるときは先輩やお客様が先

乗るときの基本は自分が最初でした。

逆に降りるときには、先輩やお客様が優先になります。

着いたらエレベーターの扉が閉まらないように「開」ボタンを押し続けましょう。

そして降りるときにお互いが遠慮しないように「お先にどうぞ」を声がけをするのも忘れずに。

Sponsord Link

エレベーター内の上座・下座

エレベーターに乗っているときにも上座・下座があります。

ギュウギュウ詰めのときには、難しいですが空いているときには意識しましょう。

  • エレベーターに向かって 真ん中の奥 → 1番上司   (上座)
  • エレベーターに向かって 右奥    → 2番目の上司  ↓
  • エレベーターに向かって 左奥    → 3番目の上司  ↓
  • エレベーターに向かって 右前    → 4番目の上司  ↓
  • エレベーターのボタンの前      → 自分・新人  (下座)

となっています。

 

ボタン操作が2箇所あるときは

扉に近いほうの操作ボタンが下座になります。

 

エレベーター内での配慮

ドアがしまらないように、手で押さえる

「開」ボタンで開けっぱなしにするだけでなく、手で扉を押さえてあげると親切な感じがします。

 

先輩に背をむけたままにしない

自分は基本的にボタンの前にいます。

このとき先輩やお客様に、背中を向けっぱなしにしないように気をつけましょう。

背中を向けっぱなしでは会話できず失礼になります。

もちろん、ギュウギュウ詰めの時は向かなくても大丈夫です。

 

廊下や階段でのマナー

新人・ベテラン問わず「大人として当然のマナー」です。

  • 道を譲る
  • すれ違うときは会釈
  • 歩くときの音を立てない(カツカツ・パタパタ音)
  • 走らない(急いでいる時はアリだと思いますが)

 

廊下・階段での気遣い

なるべく真ん中を歩かない

なるべく端を歩きましょう。

普通は右側が進行方向です。

 

会釈の他に声がけを

会社内には、他の業者の人も多数出入りしていますよね。

そういう方にも会釈をします。

そして「お疲れ様です」と声もかけましょう。

 

上司と一緒に歩くときは

上司よりも少しだけ後ろを歩きましょう。

一緒に歩いているときは、会話をすることも多いと思います。

体半分くらい後ろがちょうどいいと思います。

ちなみに上司より早歩きはしてはいけません。

なんとなく不快な感じがしてしまうものです。

 

来客の案内中は

あまり道を譲らなくても大丈夫です。

自分が道を譲ることで、お客様も譲って歩くことになります。

 

階段で上司に合ったら

内側を譲ります。

もちろん、会釈も忘れずにしましょう。

 

ビジネスマナーに関する記事を総まとめにしました ↓↓

ビジネスのマナー事典!マナーで悩んでる人には必見の総まとめ。

Sponsord Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 9869260ce6920c13c2fc78ef2adee9d0_s
  2. 0bdb56ae204bee60ea49e921bbec24ad_s
  3. 464437
  4. 8a8320b3e63e28fa78a52562639c0cbb_s
  5. 815a96b1931d3d5ccdd8bf67822dba12_s
  6. 79ec017077dd34463d7b3b1195f35362_s
RETURN TOP

カテゴリー