意外と知らない返信用封筒の「行」と「宛」の使い方。切手の金額なども解説。

この記事は3分で読めます

46eeee83100d6a1838a306cdbf998716_s

返信用封筒って、普段書くことが無かったから、いざ書こうと思った時に迷うことありませんか?

「あれ?相手の名前の下って行だっけ?」となった人も多いかと思います。

そして、誰かに聞こうにも、非常識だと思われそうでなかなか聞きにくかったりしますよね。

でも大丈夫です。誰にも聞かずこの記事でコッソリと知識をつけましょう。

このページでは返信用封筒の行と宛・差出人欄の書きかたを中心に説明いたします。

ビジネスマナーに関する記事を総まとめにしました ↓↓

ビジネスのマナー事典!マナーで悩んでる人には必見の総まとめ。

Sponsord Link

【ビジネスマナー】返信用封筒の行と宛 使い方・区別

返信用封筒の宛先欄は「行」が適切です。。

「宛」ではありません。

「宛」はどういう時に使うかといえば、送付状の文中に使ったり、会話のなかで「○○さん宛にコレ送ってね」等の時に使います。

 

「行」を書くときのポイント

・氏名よりも少し小さい字で書く。

・氏名を書く行ではなく、少しずらす。 (横書きの場合は氏名の少し下の行に。縦書きの場合は氏名の左の行に書く)

 

なぜ、行をずらすのか?

それは返信するときに2重線で消して、「○○様」・「○○御中」と書くからです。

そのために、あらかじめ行をずらして書きます。

 

よくみかける「行」と「宛」以外の書き方

  1. 氏名だけで、行も宛も書かない
  2. 「様」をつける
  3. 「殿」をつける

まず3番の「殿」は間違いです。

そして1番と2番はマナー的には正しいとはいえません。

ですが、「時代の変化」と「相手の気遣い」からこういう方法が、出てくるようになりました。

どういうことかというと、「行」を書くと相手がそれを消して「様」「御中」と書きなおさなければいけないのです。

つまり、「相手が書きなおす手間を初めからなくしておこう」という優しい気持ちの現れなのです。

その結果、初めから「様」をつけたり、「行も宛も書かない」という方法を取る人が増えました。

ですが、ビジネスシーンで考えた時にはマナーとして「行」を書くのが最も適切です。

 

返信用封筒 「行」のまとめ

  1.  返信用封筒には宛名のしたには「行」が適切。
  2. 「宛」は返信用封筒には使わない。
  3.  縦書きのときには、宛名の左の行に「行」を書く。
  4.  横書きのときには、宛名の下の行に「行」を書く。
  5.  その他の書き方はマナーとして正しくないので、ビジネスシーンでは使わない。

Sponsord Link

返信用封筒の差出人欄の書き方

「差出人には誰の名前を書くのが正しいのか」が、皆さんが1番悩むところだと思います。

そのほかの書き方などについてもご説明します。

 

差出人欄は相手の名前

差出人欄は、相手が氏名を記入するところです。(自分は記入しません)

住所も相手が記入するところです。(自分は記入しません)

親切な気持で書いてあげたくなるところですが、差し出がましく失礼な行為とされています。

つい、うっかり書いてしまわないようにしたいですね。

 

返信用封筒と往信用封筒のオモテやウラの書きかた・まとめ

返信用封筒と往信用封筒では、書き方が違います。

書き方と違いを記してあるので見ていきましょう。

 

返信用封筒の書き方 まとめ

オモテ面 → 返信先の記入(自分の住所・氏名と「行」)

「行」の文字は小さめに書きます。

縦書きのときは氏名の左の行にズラして「行」を書きます。

横書きのときは氏名の下の行にズラして「行」を書きます。

ウラ面  → 何も記入しません。

返信用封筒は、オモテ面だけ自分で記入します。

(ウラ面の、差出人・住所・氏名は相手が記入するところです。)

 

往信用封筒の書き方 まとめ

オモテ面 → 相手の住所・氏名・「様」

(会社だったら所在地・会社名・部署・氏名・「様」と書きます。)

相手の氏名が不明で部署に送る場合は「様」ではなく「御中」か「ご担当者様」となります。

ウラ面  → 自分の住所・氏名(会社だったら所在地・会社名・部署・氏名と書きます。)

 

返信用封筒に貼る切手

返信用封筒を出すときには切手が必要です。

日本国内に送るときの切手料金は「重さ」と「大きさ」で決まっています。

 

定形郵便の切手料金

23・5センチ ✕ 12センチ以内 厚み1センチ以内のものは定形郵便になります。

・25グラム以内 → 82円
・25g超50g以内 → 92円
・50g超 → 定形外料金と同じ。

 

定形外郵便の切手料金

一辺が最長60センチ以内 縦横厚みの合計90センチ以内

A4サイズが入るような封筒は、定形外郵便になります。

・50グラム以内 → 120円
・50グラム以上100グラム以内 → 140円
・100グラム以上150グラム以内 → 205円
・150グラム以上250グラム以内 → 250円

 

切手料金の間違いを防ぐ

間違った料金の切手を貼っておくることは、相手に対し失礼になります。

では、間違いを未然にふせぐためには、どのような方法が良いでしょうか。

確認する方法を見ていきましょう。

  1. 封筒の大きさが定形郵便か、定形外郵便かを判断する。
  2. 返信時に封筒の中に、何をいれるか想定して重さをはかる。(封筒 + 内容物 + 送付状等)
  3. 想定される重さが、料金設定のギリギリの重さだったら、一つ上の料金の切手を貼る。

3番は特に大事だと思います。

失礼の無いように余裕をもった行動をするのは、社会人としてのマナーです。

 

返信用封筒の関連記事

他にも返信用封筒の知識をまとめた記事があります。

→ 返信用封筒の切手金額はいくら?不要の場合は貼らない?

→ 返信用封筒 折り方のマナー。A4・角2・長3によくある質問なども解説

→ 意外と知らない返信用封筒の「行」と「宛」の使い方。切手の金額なども解説。

 

ビジネスマナーのまとめ記事

よくあるシチュエーションのビジネスマナーをまとめた記事があります。

→ ビジネスマナーまとめ事典!メール・封筒・基本・電話・挨拶・敬語などを解説

「あれこういうときはどうするんだっけ?」と思うようなものをまとめております。

Sponsord Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 476cf0b4427f60cfe230fcc85160ed5d_s
  2. 8b592f1683fcdd3c8ad023b296769259_s
  3. dd6b607a6319e360c9b1f2772ceb63d3_s
  4. fb3e29ca2e54c90c607b1a3525ea8c92_s
  5. 9869260ce6920c13c2fc78ef2adee9d0_s
  6. 8b78540ca6c3d6d850957f533be1b2dd_s
RETURN TOP

カテゴリー