ビジネスシーンでは第一印象が大切。男性や女性の身だしなみや服装マナーを解説

この記事は10分で読めます

8a8320b3e63e28fa78a52562639c0cbb_s

社会人にもなればマナーとして、身だしなみを整えることは非常に大切なことです。

「身だしなみ」とはオシャレをして目立つことではありません。

身だしなみのマナーとは第一印象を良くすること、相手に不快感を与えないことです。

それではどんなマナーがあるのかを解説していきます。

ビジネスマナーに関する記事を総まとめにしました ↓↓

ビジネスのマナー事典!マナーで悩んでる人には必見の総まとめ。

スポンサーリンク

目次

第一印象を良くする身だしなみの基本

第一印象を決める割合のほとんどは、外見で決まっていると言われています。

取引先やお客様と接するときなど、第一印象が良いに越したことはありません。

ですから第一印象を良くする身だしなみの基本を覚えておきましょう。

 

清潔感

やはり1番大切なのは清潔感です。

いくら高級なスーツや靴に見を包んでいても、清潔感がない人は、上品には見えないでしょう。

逆に普通のスーツでも、清潔感のある人の方が好感度が高いです。

 

スーツは毎日着るもの。簡単でいいからマメなケアを

社会人であれば毎日スーツを着ますよね?

1日中ずっと来ていたスーツというのは、意外とニオイやヨゴレがついています。

そして自分では、中々気づくことができません。

自分のニオイというのは、慣れてしまって中々わからないものなのです。

帰宅後スーツを脱いだら、シワ防止も兼ねてすぐにハンガーにかけましょう。

風通しの良いところだと、なお良いでしょう。

当たり前のようですが、たったこれだけでも全然違ってきます。

 

ちなみにスーツのシワや、ニオイは印象をかなり左右します

スーツやYシャツのシワは、見る人にいい印象を与えることはありません。

シワでたるんでいるスーツと、パリっとしたスーツ、どちらが清潔感があるかは、一目瞭然です。

あとニオイですが、ニオイというのはその人のイメージに関わります。

いい匂いがするひと・無臭な人は清潔なイメージを持たれます。

そしてニオイがキツイ人は、勝手に汚いイメージを持たれてしまいます。

普段清潔にしていれば、問題は無いと思います。

 

気をつけたいのはタバコ臭

普段タバコを吸わない人は、タバコのニオイに敏感です。

逆に普段タバコを吸う人は、慣れてしまいニオイに鈍感になってしまいます。

よくある失敗として、タバコを吸った後に、自分では無臭な気がしても、意外にニオイが残っているということがあります。

お客様に会われる時などは特に注意しましょう。

できれば仕事が終わるまでは、喫煙を控えましょう。

 

他にも様々ある、気をつけたいこと

毎日ではなく、時々行う身だしなみのケアをまとめてみました。

● スーツにブラシをかける (週に一回、もしくは休みの日ごとにしましょう)

● スーツを季節に合わせた素材のものに変える (夏は夏用の物が涼しくみえます。暑い生地のスーツは相手にも暑苦しい印象を与えます)

● 靴を磨く (一週間に一度は磨きましょう。足元は意外と見られています。)

● スーツや靴は、できれば毎日違うものを使う(傷みを抑えるためです。それに防臭という意味もあります)

● クリーニングは1シーズンに2回程度(クリーニングのし過ぎも傷みの元になります)

 

ブラッシングの方法とは

スーツ

ブラッシングの順番は、スーツの上着は上から、パンツは下から上に順番に行ないます。

ブラッシングの後は、軽く湿る程度にスプレーで水を拭きかけ、風通しの良い日陰に吊るしておきましょう。

そうすることで、ニオイと、シワを防ぐことができます。

最近ですとリセッシュなど、手軽に衣服の除菌ができるものもあります。

そういったものを使うとお手入れがラクチンですね。

革靴

前から後ろへブラッシングし、汚れを落とした後に、靴専用のクリーナーを薄く伸ばします。

そのあとに、きれいな布でふき取ります。

汚れが落とした後に専用のクリームを塗ることで、革靴のひび割れを防ぐことができます。

さらに撥水スプレーをかけることで、雨でも濡れにくく、ヨゴレにくくなります。

足元のヨゴレは目立ってしまうので、マメにチェックしましょう。

 

第一印象を良くする身だしなみ(服装)とは

キチンとお手入れがされているスーツ

上記でも解説していますが、シワのあるスーツは「だらしない」印象を与えてしまいます。

逆にシワが無くパリっとキレイなスーツは、好印象を与えます。

「この人はキチンとお手入れができる人だ」ということをスーツが物語ります。

シワ防止やスーツの傷みを防ぐために、できれば毎日違うスーツを着ましょう。

そのほうが防臭にもなります。

 

サイズ感がアンバランスではない

スーツが大きく、「服に着られている感」があると格好わるくなってしまいます。

キチンと感を演出するためにも、サイズはジャストなものを選びましょう。

ではどのような物がジャストなのかというと。

・上着の袖から少しYシャツが見えている

・上着肩幅が肩幅に合っている  

・上着の着丈が長すぎたり、短すぎないように

この3点に気を付けましょう。

 

ヘアスタイルは顔がしっかりでるように

顔に髪の毛がかかっていないようにしましょう。

前髪が下りているのは大丈夫ですが、目にかからないほうが良いです。

男性であれば、おでこをしっかりと出した短髪が好印象になります。

女性であれば、髪を結んでジャマにならないようにすると好印象です。

スタイリング剤は、付ける分には大丈夫です。

が、ガチガチに固まりすぎていたり、立たせすぎなどのやり過ぎは避けましょう。

ちなみにモッサリしていてジャマそうなのは1番NGです。

 

手入れされていてツヤのある靴

靴は意外と目立ちます。

「オシャレは足元から」という言葉があるように、スーツだけでなく足元にも気を配りましょう。

カカトのすり減りや、泥汚れなど気づいたらすぐに対処しましょう。

 

好印象な男性のスーツの選び方

色・素材

ダークトーンのグレーやネイビーが落ち着いた印象を与えます。

柄は無地がストライプが基本です。

素材はウールがおすすめです。

なぜなら冬は暖かく、夏は涼しく、型が崩れにくい特徴があります。

 

上着

3つボタンのものがオススメめです。

3つボタンのスーツは、ボタンは全部留めずに一番下を外しておくのが基本です。

 

パンツ

裾がダボダボしないようにしましょう。

短すぎてくるぶしが見えているのも不自然です。

靴を履いた時に、靴に少しだけかかるくらいがベストでしょう。

 

機能性スーツ

上記で「素材はウールがオススメ」と解説しました。

そのほかにも、季節に合わせた快適にすごせるスーツなども、毎年販売されています。

見た目的にも涼しかったり、暖かく見せれるので季節感もあります。

自分の印象を左右するものですから、夏用と冬用と揃えるのもいいですね。

 

男性が自分らしさをだすならYシャツとネクタイ

ここまで清潔感を中心に、好印象を与える身だしなみの解説をしてきました。

スーツや靴はベーシックなものが基本となっています。

そんな中にもYシャツやネクタイであれば、さりげなく自分らしさを出すことができます。

Yシャツ

基本的には白を使います。他には薄い水色等も良いです。

柄はストライプや、チェックなら大丈夫です。

いずれも目立つようなのは避けましょう。

 

ネクタイ

無地・レジメンタル・小紋・ストライプがオススメです。

失敗しないポイントとして1番簡単なのはスーツと同系色にすることです。

そうすることで、まとまります。

あとはシャツを含めて3色以内にするとバランスが良いです。

当然ですが、アニマル柄やキャラ物はNGです。

 

好印象な女性のスーツ 選び方

基本的には男性と同じです。

色はブラック、グレー、ネイビーのダークトーンの物にしましょう。

ちなみに色が薄いグレーなどは、老けて見えやすいので避けたほうが無難かもしれません。

 

上着・パンツ

男性と同様にベーシックなものにしましょう。

スカートの丈が短い物や、タイトすぎるものはビジネスシーンには向きません。

スカートの丈は椅子に座った時に、膝が隠れるくらいがちょうどいいです。

あくまでジャストサイズのものにしましょう。

 

Yシャツ

Yシャツも男性と同様です。

無地の白シャツが基本になります。

 

ストッキング

肌の色にちかい自然なベージュがビジネスシーンには向いています。

ですが最近では黒のストッキングを履いている方も多くいらっしゃいます。

基本的にはベージュですが、職場の雰囲気的に問題がなければ黒でも良いでしょう。

ちなみにタイツはカジュアルな物になりますのでプライベートの時に使いましょう。

 

スーツの色

男性と同様ダークトーンが基本ですが、春や夏には明るいベージュもオススメです。

ですが一歩間違うと「ママ」の着こなしになってしまいます。

そのせいか、最近はベージュのスーツを着る方が以前より減ったように感じます。

逆に最近人気なのがネイビーのスーツです。

少し青色に近いものも最近は人気です。

理由はオフィスで使えて、印象もカジュアルというところだと思います。

それに年中きることができる色です。

新卒でネイビーを着るならダークトーンで様子見をしてみるのもアリでしょう。

 

素材

男性同様にウール、その他ですとコットンも軽やかでオススメです。

 

靴の選び方

男性

色は黒や茶色の革靴にしましょう。

最近ですとカジュアルでカッコイイ革靴も多数登場しています。

新人や若手であれば、靴の先があまり丸くないほうが似合うでしょう。

 

女性

色は男性同様、黒か茶色でヒールは3センチくらいまでのパンプスにしましょう。

ヒールが高いものや、ミュールはビジネスシーンには相応しくありません。

 

その他の小物の選び方

靴下・ストッキング

男性

膝下までの黒の靴下にしましょう。

短くて、座った時などにスネが見えてしまうようなものはNGです。

女性

上記でも解説していますが、基本はベージュのストッキングです。

ですが、職場のルールや雰囲気によっては黒でも大丈夫です。

ストッキングの電線には注意しましょう。

 

腕時計

時間を確かめるときは、携帯電話ではなく腕時計にしましょう。

腕時計でもカジュアルなものよりは、シルバーなどのシンプルな時計がスーツに合います。

 

女性の身だしなみで気をつけたいポイント

ネイルをするなら

女性にはネイルという、爪のお手入れやファッションがあります。

ビジネスシーンで考えたいのは次の2点です。

  • 仕事に影響が出ない長さ
  • 派手じゃない色や柄

この2点を守っていれば、大丈夫でしょう。(会社のルールにもよりますが)

色はクリアや薄いピンクなどが、目立ちにくいのでオススメです。

お手入れされたキレイな指先は、派手でなければ逆に好印象だと思います。

 

メイクは控え目に

ビジネスシーンでは清潔で明るい印象になるようなメイクを心がけましょう。

派手なメイクをしない限りは大丈夫です。

派手というのはラメをつかったアイメイクや、バサバサするつけまつげなどです。

元気・健康的・明るい雰囲気なメイクが理想的です。

逆にノーメイクはマナー違反となっています。

スポンサーリンク

ヘアスタイルで気をつけたいこと

上記でも解説している通り、1番大切なことは「清潔感」が感じられることです。

まずは以下の点に気を付けましょう。

  • ヘアカラーが明るすぎない
  • フケがスーツに落ちている
  • 前髪が目にかかっている
  • おでこが見えているとスッキリ感があり、好印象
  • 整髪剤を必要以上につけすぎ

男性の場合

年代・性別問わず好感が持たれるのは、やはり短髪・ショートヘアーです。

おでこがみえている・前髪が目にかかっていない というのは清潔感を感じる重要なポイントです。

その他には耳も出ていることでスッキリします。

襟足は短めが良く、襟が隠れるくらいだと長いです。

長い襟足は、チャラい印象や汚い印象を与えやすいので注意が必要です。

 

女性の場合

女性の場合も男性同様に、顔がスッキリ見えている方が好印象です。

前髪が目にかかりそうであれば、ピンで止めましょう。

長さがある場合は結んでジャマにならないようにしましょう。

女性のショートヘアは「仕事ができそう」という印象が強くビジネスシーンではオススメです。

ロングヘアの場合もキチンと結んで、顔にバサバサとかからないようにすることで、スッキリ見せることができます。

 

「好印象」なヘアスタイルは業種によって少し違う

業種・仕事によっては求められるヘアスタイルが少し違います。

スーツを着て仕事をするような業種では、ここまで解説した清潔感重視のヘアスタイルで良いと思います。

他には例えば美容師さんやデザイン関連の仕事をしている方。

そういう方であれば、流行を取り入れるのも必要だと思います。

ただし、どの職業だとしても、お客様に不快な印象を与えないことが大切です。

自己満足なヘアスタイルは避けましょう。

 

ビジネスマナーとしてヒゲは無いほうが良い

最近ですと、ヒゲをファッションの一部として伸ばしている方もいます。

オシャレとしてはアリかもしれません。

が、「ビジネスシーン」で見た時には、無いほうが良いです。

ちゃんと整えていたとしてもです。

ヒゲをキチンを剃っていて、悪印象を抱く人はいないと思います。

しかしヒゲを伸ばしていることに対しては、あまり良いイメージを持たない人もいます。

ビジネスシーンで1番大切なのは清潔感ですから、ヒゲは剃りましょう。

 

ビジネスシーンでよくある失敗、タブー

口臭

自分では気づかないうちに相手に不快な思いをさせています。

上記でも解説している通り、「ニオイ」というのは強烈なイメージを与えます。

普段人と話すことが多い方であれば、ニオイが残りやすい食べ物はできるだけ避けましょう。

食後に歯磨きをするのは当たり前ですが、中にはなかなか時間が取れない方もいると思います。

そういう方にはブレスケアなどをおすすめします。

簡単でお手軽にケアができるものがたくさん出ていますので、忙しい方はポケットに常備しておきましょう。

 

歯に食べものが・・・

歯を磨いた後は念のため鏡でチェックしましょう。

歯磨きをしても、もしかした食べ物がついているかもしれません。

もし、誰かが気づいたとして中々いいだしにくいものです。

相手に気を使わせないためにも自分で気づきましょう。

 

体臭

お風呂に入ったりシャワーを浴びていれば、体臭というのは中々発生しません。

ですが、夏や湿度の高い時期などは汗をかきやすいので、特に男性は注意が必要です。

体をふくボディペーパーなどを一応持っておきましょう。

最近ですと、ニオイの元を断つ成分が配合されているものもあります。

スーパーに行くと男性用化粧品コーナーで売られています。

自分で自分のニオイは中々わかりません。

「ちょっと汗ばんできたかな」と思ったら、ニオイになる前に処理しましょう。

 

鼻毛

鼻毛が伸びていると、相手に不快な印象を与えてしまいます。

相手も気づいてしまうと、なかなか目線をあわせづらいものです。

まずは鏡を見る習慣をつけましょう。

男性の場合は鏡を見る機会が少ないので、特に意識しましょう。

ちなみにタバコを吸う人は、鼻毛が伸びるのが早いと言われています。

喫煙する方は要チェックです。

 

カサカサの唇

特に男性に多いのが、カサカサの唇です。

カサカサの唇ですと「不潔」な印象になります。

女性に、意外と見られている部位ですので、男性は特に気をつけましょう。

リップクリームを持ち歩くのは、エチケットと考えましょう。

 

テカテカの顔

男性も女性も、注意が必要です。

男性は元々脂が出やすいので、マメにチェックしましょう。

女性の場合も、夕方が近づくに連れて顔がテカリはじめる方もいます。

お手洗いや、昼ごはんを食べた後など、一応チェックしましょう。

 

目立ちすぎるヘアカラー

明るすぎるヘアカラーは髪が傷んで見えやすく、スーツにもあまり似合いません。

それにチャラく見え、信用面で損をします。

ビジネスシーンでは派手ではない色が良いです。

特に新社会人であれば、「どこまで明るくして良いのか」気になると思います。

入社してみて先輩や上司、そして職場の雰囲気をみてヘアカラーを楽しみましょう。

ちなみに、色の種類で言うと「ピンク」・「オレンジ」・「レッド」系の色は髪が明るく派手に見えやすいです。

逆に「アッシュ」・「マット」・「モーブ」といった色は、落ち着いてみえる色味と言われています。

ビジネスシーンでは落ち着いた色の方が無難ですので、カラーをするときの参考にしてみてください。

 

パーマ・バサバサすぎる髪

パーマをかけて、髪に柔らかさや女性らしさを出すのは良いと思います。

しかしパーマをかけたことでバサバサしたり、あまりにもカールになりすぎると、軽い印象をあたえてしまいます。

ヘアカラーと同じで、まずは職場の雰囲気を見極めてから、清潔感を失わない範囲内で楽しみましょう。

 

ピアス

男性のピアスはNGです。

女性の場合は、「品」を損なわない程度に小さめの物をつけましょう。

 

ビジネスバッグの選び方

ビジネスバッグはA4サイズの手提げバッグがオススメです。

なぜなら書類を無理なく収納するためです。

色はスーツの時に違和感をださないように、黒や茶色の物にしましょう。

素材は革です。

NGなバッグはどんなもの?

リュックやショルダーバッグ

手提げバッグよりも使い勝手が良さそうですが、ビジネスシーンでは相応しく無いとされています。

ですが、近年ではスーツにリュックで通勤されている方も増えてきました。

職場の雰囲気や会社のルールによっては、リュックやショルダーでもいいかもしれませんね。

ナイロン素材

スーツに似つかわしくない、幼稚な印象を与えてしまいます。

高級なブランドバッグ

「新人が不釣合いな高級なバッグを持つ」ことに、良いイメージを持たない人もいます。

新人のうちから高級なバッグを持つことは、リスクになるかもしれません。

普通のバッグをキレイに使う方が無難といえそうです。

 

ビジネスバッグに入れておくべきもの

バッグの中には「身だしなみを整えるもの」と「仕事で必ず必要になるもの」を入れておきましょう。

身だしなみを整えるもの

  • ハンカチ
  • ポケットティッシュ
  • 手鏡
  • 歯ブラシ道具
  • あぶらとり紙
  • ブレスケア (口臭が気になるとき用)
  • リップクリーム
  • ボディペーパー (汗・体臭が気になる時用)

仕事で必ず必要になるもの

  • 筆記用具
  • 名刺
  • 名刺入れ
  • スケジュール帳
  • 携帯電話

 

オフィスカジュアルの基準はどこまで?

企業によって違う

全面的に認められているところもありますが、そうでないところもあります。

企業によって様々です。

 

オフィスカジュアルの注意点

服装が自由になるわけではありません。

会社内でルールがきめられている場合もあります。

あくまでもビジネスシーンに相応しい範囲内で行われます。

 

クールビズ

省エネのための取り組みです。

暑い時期でも快適に仕事をするために、ノージャケット、ノーネクタイでもOKの企業が増えています。

 

【ビジネスマナー】男性や女性の社会人としての身だしなみ まとめ

1番大切なことは「清潔感」です。

新人や若手はヘアスタイルやファッションに、とても興味があると思います。

なにかをしようと思ったら、「はたしてそれはビジネスシーンに相応しいのか」を考えてください。

そうすれば必然的に答えが出てくると思います。

ファッションもヘアスタイルも、ビジネスシーンに支障がないように楽しみましょう。

相手に与える印象を考えるということは、相手に気を遣うということです。

相手の気持ちを考えられる立派な社会人になりましょう。

ビジネスマナーに関する記事を総まとめにしました ↓↓

ビジネスのマナー事典!マナーで悩んでる人には必見の総まとめ。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 6f154d9a74891eef9565aadd157b28e9_s
  2. 464437
  3. 58b74b3310d74da2410cececa55f4951_s
  4. 46eeee83100d6a1838a306cdbf998716_s
  5. fc0827f351a1f069a316268a7650fc19_s
  6. 747bdd807e9e252ee44b0fae62fb2929_s
RETURN TOP

カテゴリー