【卒業式】父親のスーツ、ネクタイ、服装の正解は?入学式も同じで大丈夫?

この記事は6分で読めます

c9665b8f46cd38cc0509a46fb6ef2dde_s

卒業式・入学式の服装選びって迷いますよね。

お子さんの服装だけでなく、父兄の方々も服装に気を遣わなければいけません。

お母様は周りのママさんの目もありますから、気を遣われる方がとても多いです。

しかし、お父様は服装に関して、あまり気にしていない方も多いのではないでしょうか?

「スーツ着ていけばいいでしょ?」とおもわれているお父様。

間違いではありませんが、キチンとしたマナーを知り、適した格好をするのが父兄のマナーでもあります。

今回は、父親の卒業式・入学式での服装をご紹介します。

 

【卒業式 父親の服装はスーツ?礼服?】

父親の服装はスーツを着ていくのが正解です。

礼服は避けましょう。

お母様は、お子さんの卒業式を良い日にしようと、自分の服装に気を遣っています。

お父様も服装には気を遣い、いい日を演出してあげましょう。

 

礼服は、先生や来賓の服装

礼服で行くと「葬式?」「学校の先生?」と思われてしまいます。

ちなみに「ブレザースーツ」も礼服に分類されます。

ブレザーはジャケットの一種で、制服として多く用いられているものです。

アイビースタイルを好むお父様もいるとは思います。

ですが、卒業式は無難にスーツで出席しましょう。

 

「仕事でスーツ着ない」等の理由で礼服しかもってないケース

もし「スーツを持っていない」場合は、卒入学式に使えるスーツが安くセット販売しているので、それを購入しましょう。

「式が終わったらすぐ仕事で、着替えるのめんどい」というお父様は車に積んでご家族と一緒に行きましょう。

雨風もしのげて良いと思います。

普段仕事ではスーツを着ない・仕事中は制服なので礼服しか持っていない・式が終わったらすぐ出勤・・・

仕事をしているお父様には、様々な事情や環境があると思います。

ですから「少しの時間の間だけだし、礼服でもいっか」と思う気持ちもあると思います。

しかし、こういう式典ではマナーや品がとても大事です。オシャレだったり目立つ必要は何もないです。

なので周りから浮いてしまうのだけは避けましょう。

 

【スーツはどんなものが良いのか】

お仕事で普段みなさんが使われているビジネススーツで大丈夫です。

ですがスーツの中でも礼服用の「ブラックスーツ」は避けましょう。

ブラックスーツには礼服用とビジネス用があります。

礼服用のブラックスーツはビジネススーツの黒とは色が異なります。

室内ではわからなくても太陽光の下では、はっきりと違いが分かります。

 

スーツの形は?

一番はシングルスーツがおすすめです

最近だとダブルスーツの方は少ないようです。

シングルスーツだとイスに座ったときに、ボタン部分がキレイに分かれます。

ですから座ったときにシルエットもキレイに保たれます。

ダブルスーツだとお腹周りを隠すことができます。

 

スーツの色は?

ダークトーンのグレーやネイビー(紺)がオススメ

チャコールグレーやダークネイビーといった落ち着きのある色です。

グレーでしたら濃い目の色が良いかと思います。

薄いグレーですと年配の服に見える可能性もあります。

ネイビーは汎用性が高く、いろんなシーンで問題なく使えます。

ネイビーでも、あくまでダークトーンにしましょう。

 

黒のスーツはダメ?

黒のスーツでも大丈夫です。

ただし、注意点があります。

それは喪服(礼服)に見えないようにすることです。

では、どうすればいいのかというと。

ただの黒ではなくストライプの入ったものを選びましょう。

無地だと礼服に見えてしまいやすく、先生方と同じになってしまいます。

でも中には「ストライプって目立つんじゃ?」と思われる方もいるかもしれません。

そういう方は、「近くで見ないとわからないようなストライプ」のものを選びましょう。

それだけでも印象は違ってきます。

 

【ワイシャツはどんなものがおすすめ?】

出来れば白が良い

一番は無地の白シャツが良いです。清潔感が大事ですし、卒入学式以外でも、白シャツは使えるシーンが多いです。

一枚は持っておくと重宝します。

ただし、白のシャツは汚れが目立ちます。

襟のところの黄ばみなどは、特に目立ちますので事前にチェックしておきましょう。

もし、襟が黄ばんでいた場合は浸け置き洗いか、クリーニングに出しましょう。

他にも薄いブルーなども清潔感があって良いと思います。

柄物は基本NGですが、ストライプは大丈夫です。

ストライプ柄のシャツを使うときは、悪目立ちしないようにスーツと同系色にしましょう。

あくまで清潔感が大事です。

 

NGな色

卒業式で着るYシャツには、◯色がダメという決まりはありません。

ですが、スーツが基本ダークトーンのものになりますので、中に着るYシャツは黒では無いほうがいいです。

またピンクなど色の濃いYシャツも避けたほうが無難です。

 

【ネクタイは?】

良い色・柄

式典ですので「シルバー」のネクタイが一番とされているようですが、最近はそんなこともないようです。

他には「薄いピンク」「赤」「青」「紫」などの色が良いです。

以上のように、色に関しては「春らしい」「明るめ」の色にしましょう

柄だと無地・ストライプ・格子状のものにしましょう。

小さめの柄だと、大人っぽくシンプルにまとめやすいです。

 

避けるべき色・柄

避けるべきなのは、黒・白の単色や「ハデ」とみられるものです。

具体的には、ビビッドなカラー(発色の良すぎる色 ショッキングピンクとか)やキャラクターものなどです。

黒・白の単色は礼服のようになってしまいます。

 

【ポケットチーフ】

必ず必須というわけではありませんが、「自分の服装、地味すぎるかな」と思ったときにアクセントになります。

それでいて「品」があるので、ワンポイントに是非オススメです。

女性でいうと胸につけているコサージュの、男性版みたいなものですね。

それにパーティシーンでも使えるので、持っておくととても便利ですよ。

 

どのようなものが良いか?

「知的」「清潔」なイメージのカラーが良いと思います。

望ましい色というのは特にきまっていません。オススメなのはネクタイと同系色のポケットチーフです。

ネクタイの色と同系色を選ぶことによって統一感がでます。

ただし、同系色といってもビビッドカラー等の目立つものは避けましょう。

それではパーティシーンのようになってしまいます。

あくまでスーツのワンポイントになるようにするのが大事です。

ワンポイントだから上品になるのです。

 

【靴下はどんなものが良いか】

意外と見落としがちな靴下ですが、靴下にもポイントがあります。

靴下はスーツと同系色にするのが1番無難です。

靴下は意外と見えます。歩いているときや座っているときなど。

ですから全体の服装となじむようにスーツと同系色にしましょう。

私服の時には「ソックス見せ」するために、あえて違う色をつかったりもしますがスーツの時は避けましょう。

また、1番NGなのは真っ白な靴下です。

ダークトーン主体のコーディネイトに足元の白は目立ちます。

 

靴下で他に気をつけるべきポイントは?

式典やちゃんとした場では、あまり肌は見えないようにするのが大事です。

なぜかというと肌が見えるほどカジュアルになっていくからです。

ですから座ったときに足首が見えるような丈ではいけません。

できれば足首よりも10~15センチほど長いものだと安心でしょう。

短い靴下を履いていく人はいないとは思いますが、長めが基本です。

 

【靴は革靴にしましょう】

普段ビジネススーツで使われている革靴で大丈夫です。

特に注意点はありませんが、汚い状態であれば磨いていきましょう。

靴はキレイだとそんなに視線が行きませんが、汚れていると何故か目につきます。

お母さん方の目もありますから、磨いておきましょう。

 

スリッパも必要かもしれません

小学生の卒業式は学校の体育館で行うことが多いでしょう。

大学生達と違って学校で行うので、学校に着いたら内履きに履き替えなければいけません。

学校によってはスリッパを玄関に用意しているところもあります。

中には、保護者が自分で用意する小学校もあるようですから、注意が必要です。

事前に調べておきましょう。

また内履きに履き替えるのでスーツの丈が余ったりしないよう、サイズがピッタリのものを着ましょう。。

 

【入学式と卒業式の服装の違いは?】

卒入学式はお金が結構かかります。できれば入学式と卒業式で同じものを使いたいところ。

ではどこに気を付ければよいのでしょうか。

 

男性の場合は同じでも良い

女性の場合ですとスーツの色を変えるのが定番マナーとされています。

ですが男性の場合は基本ダークトーンで大丈夫なので、特に何かを変えなければいけないということはありません。

 

あえて差をつけるならば

卒業式の時よりも、少しだけ明るいYシャツ・ネクタイやポケットチーフにしてみるのが良いでしょう。

もし卒業式の時に白のYシャツを着たならば、入学式では淡いブルーのYシャツと着てみるなど。

ですが、目立ってパーティシーンのような服装になってはいけません。

大切なのは品を損ねないくらいにすることです。

もし、不安ならば奥様に確認してもらうのが安心です。

品があり知的なお父さんを演出してみましょう。

 

スーツ以外でも大丈夫?

かなり少数派ではあるようですが、スーツ以外の服装で出席する方もいるようです。

その中でも、どのような服装かといえば「ジャケットにYシャツにチノパン」が多いようです。

理由としては、普段スーツを着ない・自営業だからというのが多いそうです。

ですが、周りのお父様は大体の方がスーツです。

オトシゴロの女の子や男の子であれば、「親にはあまり目立ってほしくない」と思っている子が多いでしょう。

ですからその気持に配慮するためにも、スーツでの参加が無難です。

 

【卒業式 入学式】父親のスーツ・ネクタイ・Yシャツ・服装まとめ

  • 礼服ではなくスーツで参加しましょう。持っていない場合は、卒入学式でセット販売されているスーツを購入しましょう。
  • スーツの形はシングルスーツがオススメ。色はダークトーン。ブラックスーツは礼服扱いなので避けましょう。
  • Yシャツの色は白か薄いブルー・ストライプ柄にしましょう。
  • ネクタイはシルバー・赤・青・薄いピンクのどれかにしましょう。黒や白の単色はNGです。
  • ポケットチーフはネクタイと同系色にすると統一感がでて良いです。
  • 靴下はスーツと同系色にしましょう。座ったときに肌が見えないように長めの丈を選びましょう。
  • 男性の場合は卒入学式でスーツを買い替える必要はありません。

 

卒業式のマナー・服装・送辞・祝辞などのまとめ記事はコチラです → 【卒業式】マナー・服装・送辞・祝辞などの解説まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 94b26c4af5550722226adb46e6a87b4a_s
  2. -shared-img-thumb-YUKA150922390I9A6885_TP_V
  3. -shared-img-thumb-YUKA150922440I9A6846_TP_V
  4. 1fcfaf42c7259812220ecee74fb0be86_s
  5. 8b592f1683fcdd3c8ad023b296769259_s
  6. 28cb25e8c529309789a55d8ac8fcdfa7_s
RETURN TOP

カテゴリー